無双塾生の進学実績

★★★★★★★★★★★★★★★

全塾生の進学先!

特定の塾生ではなく、文字通り、すべての塾生の進学先です。

☆2019年度:岡崎高校・岡崎北高校・刈谷北高校※全員が刈谷北高校以上に合格!

☆2018年度:岡崎高校・岡崎北高校・岡崎西高校※全員が岡崎西高校以上に合格!

☆2017年度:岡崎高校・刈谷高校・豊田西高校・岡崎北高校※全員が岡崎北高校以上に合格!

☆2016年度:岡崎高校・刈谷高校・岡崎北高校※全員が岡崎北高校以上に合格!

※4年連続で、最低でも岡崎西高校以上の高校へ進学しているという意味になります。

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

≪西三河地区公立高校の2018年度旧帝大合格実績(現役のみ)無双塾調べ≫

1位岡崎高校…東大15・京大14・阪大9・名大54・東北大3・北大6・九大3

2位刈谷高校…東大5・京大8・阪大5・名大54・東北大0・北大9・九大0

3位豊田西高校…東大0・京大3・阪大4・名大31・東北大2・北大2・九大0

4位西尾高校…東大2・京大1・阪大0・名大20・東北大1・北大0・九大1

5位岡崎北高校…東大0・京大1・阪大2・名大13・東北大0・北大2・九大1

6位刈谷北高校…東大0・京大0・阪大0・名大8・東北大1・北大1・九大1

 

対象とする中学生

★岡崎市学区の公立中学校に通っている方

 

[注意事項]

①私立高校への進学を目指される方はお断りしています※岡崎市内の高校であれば平均点な成績で推薦合格ができてしまうため

②愛教大附属岡崎中学校在籍の方は岡崎市学区の公立中学校とカリキュラムが異なるためお断りしていますが、”カリキュラムを気にしないよ!”ということであれば入塾は可能です。

 

宜しくお願い致します。

   

【中学生・入塾の目安

◆あくまでも目安になります。目安に足りない場合はご相談ください。

◆目安は現在通塾中の塾生の成績を考慮していますので、学年により異なります。

 

★中1★

◆過去の定期テスト(中間テスト)5教科400点以上

※2019 一学期中間テスト塾生平均460点超え達成!

 

★中2★

◆過去の定期テスト(中間・期末テスト)5教科380点以上

※2018 一学期中間テスト塾生平均440点超え達成!

※2018 一学期期末テスト塾生平均420点超え達成!

※2018 二学期中間テスト塾生平均440点超え達成!

※2018 二学期期末テスト塾生平均410点超え達成!

※2018 1月岡崎学力テストト塾生平均195点達成!※岡崎学力テストは250点満点

※2018 三学期学年末テスト塾生平均420点超え達成!

※2019 一学期中間テスト塾生平均440点超え達成!

 

★中3★(難関上位高受験専門クラス)

◆過去の定期テスト(中間・期末テスト)5教科420点以上、もしくは、崎学力テストで5教科190点以上

≪根拠①≫2019年度一学期中間テストの塾生5教科合計点の得点層;420点台~480点台

≪根拠②≫2019年度5月実施・岡崎学力テストの塾生順位の層;学年1位~学年7位

※2018 一学期中間テスト塾生平均460点超え達成!

※2018 一学期中間テスト塾生全員各学校学年15位以内ランクイン!

※2018 一学期期末テスト塾生平均450点超え達成!

※2018 一学期期末テスト塾生全員各学校学年5位以内ランクイン!

※2018 9月岡崎学力テスト塾生平均210点超え達成!※岡崎学力テストは250点満点

※2018 二学期中間テスト塾生平均440点超え達成!

※2018 二学期期末テスト塾生平均460点超え達成!

※2018 二学期期末テスト塾生全員各学校学年5位以内ランクイン!

※2018 1月岡崎学力テスト塾生平均210点超え達成!※岡崎学力テストは250点満点

※2018 三学期学年末テスト 塾生平均450点超え達成!

※2018 三学期学年末テスト 塾生全員各学校学年5位以内ランクイン!

※2019 5月岡崎学力テスト塾生平均210点超え達成!※岡崎学力テストは250点満点

※2019 一学期中間テスト塾生平均460点超え達成!

 

☆中学生のカリキュラム☆

5教科は1年間で6周りの演習!

定着には反復が必要です!

[内訳]

□通常使用教材(1年分の範囲)をノート1回、テキストに直接で1回⇒合計2回

□夏期講習教材をノート1回、テキストに直接で1回⇒合計2回

□冬期講習教材をノート1回、テキストに直接で1回⇒合計2回

 

◆春期講習:3月後半~4月前半

  対象:中学生は新中1のみ

  内容:小学校の内容の復習
  

◆夏期講習:7月末~8月

  対象:全学年

  内容:今まで学習した範囲の総復習


◆受験対策講座:9月~翌3月の公立高校一般入試まで
  対象:中3生
  内容:愛知県公立高校入試のパターン演習、予想問題演習

 

◆冬期講習:12月後半~翌1月前半

  対象:全学年

  内容:今まで学習した範囲の総復習
      ◇中1生…中1の一学期・二学期の総復習
      ◇中2生…中1全単元、中2の一学期・二学期の総復習
      ◇中3生…中1・2全単元、中3の一学期・二学期の総復習

 

1月末には年間学習範囲を終了予定

 (中3生は12月の冬休み前までに年間学習範囲を終了予定)

 

◆年間学習範囲終了後

  ◇中1・2生:学年末テスト対策及び今までの学習範囲の復習

  ◇中3生  :愛知県公立高校向けの受験対策

  

 

【例:中3数学・年間カリキュラム】

◆一学期:式の計算・平方根・2次方程式

◆夏期講習:中3の一学期までの総復習(基本~応用まで)

       2次関数・相似・中点連結定理・円周角の定理

◆二学期:三平方の定理・標本調査→全単元終了!

◆冬休み~公立高校入試終了:総復習(応用・実践問題等)

 

【例:中2数学・年間カリキュラム】

◆一学期:式の計算・連立方程式、一次関数

◆夏期講習:中1全範囲と中2の一学期までの総復習(基本~応用まで)

◆二学期:図形・図形の性質と証明

◆冬期講習:中1全範囲と中2の二学期までの総復習(基本~応用まで)

◆三学期:確率・総復習

 

【例:中1数学・年間カリキュラム】

◆一学期:正負の数・文字式・方程式

◆夏期講習:中1の一学期までの総復習(基本~応用まで)・二学期の一部予習

◆二学期:比例反比例・図形(平面と空間)

◆冬期講習:中1の二学期までの総復習(基本~応用まで)

◆三学期:空間図形・資料の活用・総復習

 

指導システム

◆少人数集団指導(ホワイトボード使用)

・学校授業の先取り(予習授業)を行います。

・解説+演習ですが演習中心!

・授業中わからないところがあった場合、必ず授業中に質問してください。

・塾開校時間中、授業を担当していないスタッフに質問OK!

  ↪将来を見据え、質問は自分からしてもらうようにしています。また、学校の宿題でわからないところの質問もOK!

 

◆無双塾オリジナル暗記テスト

満点合格 不合格の場合は満点を取るまで追試です。追試は1回目の本試と同じ問題です。)

 

【英語】

■内容:教科書本文暗記

■実施頻度:原則毎週

教科書本文の文法・新出単語の解説

 ↓

1週間後の授業時間の最初に暗記テスト実施:満点合格

 ↓不合格(満点以外)

次回英語授業日の前日までに満点を取れるまで追試

※暗記テスト実施日の授業後に追試を受ける場合、1回のみ追試可能

(その日以降は何回でも追試可能)

 

【理科・社会】

■内容:主に重要語句・重要記述

■実施頻度:原則毎週

教科書レベルや場合によってはそれを超えた内容(高校レベル)の解説

 

1週間後の授業時間の最初に暗記テスト実施:満点合格

 ↓不合格(満点以外)

次回理科・社会授業日の前日までに満点が取れるまで追試

※暗記テスト実施日の授業後に追試を受ける場合、1回のみ追試可能

(その日以降は何回でも追試可能)

 

暗記テストの問題は事前に伝えてあり(解説もします)

出る問題は全く同じです

量がありますので5~10分簡単に勉強して合格できるものではありません。

日々の努力が大事だからこそ、努力の結果が必ず出るテストになっています。

※無双塾暗記テストの合格率と学校のテスト結果は比例関係になっています。 

 

ちなみにこういったご経験はありませんか?

「塾のテストはそれなりにできるけど、学校の中間・期末テストは…」

「塾のテストはできていなくても、次頑張ろうと言われるだけ…」

これは簡単なものをやらせて成功体験を積むという手法です。

しかしながら”簡単すぎたら意味がない”とは思いませんか???

塾側のご家庭への「日々しっかりと出来を確認してますよ!」のアピールだったりします。

 

例えば、中間・期末テストで400点(8割)を目指すとしましょう。そんな子が暗記テストと全く同じ問題(プリント)を事前にすべて解説され、1週間勉強時間があるのにも関わらず8割しか取れなかったとしましょう。

同じ問題で8割しか取れない子が、どんな問題が出るか分からない中間・期末テストで400点(8割)取れると思いますか!?答えはきっとNOですよね!?

 

暗記テストという塾のテストであっても、満点を取るために勉強することで、満点が取れたときに喜べるのではないでしょうか。

 

 

定期テスト対策授業

・中間、期末テスト前に実施 

・テスト週間中はテスト範囲の内容に絞って学習指導

 

補習無料

・塾側が必要だと判断した場合にのみ実施

 

愛知全県模試(3,600円/回)

・愛知県内最大規模の模試

愛知県公立高校入試の傾向に沿った出題形式・難易度、公立高校一般入試同様の筆記テスト+内申点のドッキング判定)

・春夏冬休み中の年3回実施(塾生必須参加 

県内中3生の3人に1人が受けています(夏・冬)

 

春期・夏期・冬期講習(費用別途)

・復習中心の授業(塾生必須参加

 

受験対策講座(費用別途)

・中3時の9月~翌3月まで実施

・愛知県公立高校入試傾向問題の徹底演習+解説の授業

・約500ページにわたる問題演習を2回り演習

・公立高校入試直前期には入試模擬・予想問題演習実施

中3生必須参加

 

◆最新の時事問題を配布(年5回・学校の定期テスト前)

・社会で時事問題が出題されることが多くあるため、無双塾が独自に時事問題を作成し、定期テスト直前に配布します

 

上位を目指す教材

学校レベル(学校準拠)の教材学校レベルを超えた教材を併用

(基本~応用・発展レベルの指導)

  ●英語・数学・理科:テキスト各2冊使用

  ●国語      :テキスト1冊使用

  ●地理・歴史・公民:テキスト各1冊使用

 

 

※各種講習・模試・受験対策(受験対策は中3のみ)・高校準備講座などの行事はすべて必須参加になります

 

目標

◆愛知県公立高校への進学

在籍するほとんどの生徒が、

岡崎高校・岡崎北高校・岡崎西高校への進学を目指しています

[注意] 私立高校への推薦入試志望者はお断りしています

 

◆学校の定期テスト(中間・期末)

【現在】        【目標】

 ■400点未満の子 ⇒ 400点以上(8割以上)を目指す

 ■400点以上の子 ⇒ 450点以上(9割以上)を目指す

 

愛知県の公立高校入試は、当日点も重要ですが内申点も重要です

定期テストで300点くらいの子が350点を目指しても、内申点を変化させることは難しいです

内申3の子が内申4を目指すのであれば、1教科80点(8割)が一つの目安になります

   

 

 

時間割(2019年度)

時間
19:20~20:50

中1数学

中2数学 中3数学 中1理科 中2理科 中3英語  

21:00~22:30

中1英語 中2英語 中3理科 中1国社 中2国社 中3国社  

◆週2回6時間(360分)

◆英語・数学・理科・社会・国語の5教科指導

 ■英語・数学・理科:各90分

 ■社会・国語:90分 

 

 【2019年度の時間割】

◆中学1年生 月木 19時20分~22時30分(180分/日)

◆中学2年生 火金 19時20分~22時30分(180分/日)

◆中学3年生 水土 19時20分~22時30分(180分/日)

※5月~8月のサマータイム中は、開始時間・終了時間が10分遅くなります

 

   

※無双塾は「できるまでやる塾」をコンセプトにしていますので、原則授業時間を過ぎてキリの良いところまでいった場合に終了としています。あらかじめご了承ください。 

 

 

入塾までの流れ

①お問い合わせ(電話 or WEB)

◆お電話: 0564-64-3701(月~土:昼3時半~夜11時

→夜は中学生の授業があるため、昼3時半~夜7時までのご連絡だと非常に助かります。

◆WEB:WEBお問い合わせ”フォームより(24時間OK

→WEBからの方が、面談日の設定等がスムーズです。

 

②ご面談

保護者様はお子様とご一緒にお越しください。

※成績個表・通知表をご持参ください
※無料体験授業をご希望の場合はお申し出ください(ただし、難関上位高受験専門クラスの体験授業はありません)
※講習期間中や定期テスト対策中(復習演習)の体験授業は実施しておりません

 

③入塾手続き

入塾申込用紙に記入していただいて入塾手続きが完了します。

※保護者様はお子様とご一緒にお越しください

※月途中の入塾も可能(その月のお月謝が日割り計算になります)

 

※無双塾では、”入塾テスト”は実施しておりません

※中学生の方は、入塾の目安があります。”中学生”のページをご確認ください。